Timers Tech Blog

カップル専用アプリPairy💑と、子育てアプリFamm👶を運営する、TimersのTech Blogです👐Engineer、Designerなど、各職種を絶賛採用中🙏詳細はこちらから👉http://timers-inc.com

Graffity社と共同でモバイルARに関する勉強会を開催します

f:id:bboykk:20180129135546p:plain

最近寒いですね。先日降った雪のせいで凍った地面に何度か転びそうになったかっくんです。
タイトルの通りですがこの度Graffity社と共同で2/7に弊社にてモバイルARに関する勉強会を開催する事になりました。

イベントページはこちら: Mobile AR Meetup #1 @Timers

何故ARの勉強会を開催するのか?

昨年のWWDCは発表が盛りだくさんでしたが、その中でも特に盛り上がったものの1つがARだったのではないでしょうか?
とはいえ、iOS 11もリリースされて5ヶ月以上経過してもARを活用しているアプリはまだまだ少ない様に感じます。

そんな中でひときわ目を引く企業が先述したGraffity社かなと思います。
空間に落書きできるAR時代のSNSアプリ「Graffity」正式公開、総額3000万円の資金調達も | TechCrunch Japanという記事はご覧になった方も多いのではないでしょうか?

僕もARKitを少しずつ調べたりしながら進捗を発表したりしたのですが、
iOSだとUIKitだけである程度のアプリは作れてしまうので、
SpriteKitやSceneKit等に馴染みが無いとARKitのハードルは正直高いなと感じていました。

FammにもARKitを利用した機能をリリースしています🎉

身長測定機能

前に記事も書いていますが、1つ目が身長測定機能です。

こちらはお子様の身長を測定する機能をARの機能を利用して開発しました。
プレスリリースも出しています。

前前前世診断

2つ目が前世診断機能です。
お子様に焦点を当ててタップするとお子様の前世〜前前前世が何の動物だったか?を判定して写真を撮影する機能を開発しました。

f:id:bboykk:20180129135519j:plain

まとめ

普段は3Dに触れずにUIKitのみで開発しているエンジニアが2つの機能を短期間でリリース出来たというだけでも最新の機能がそんなに苦労せずに開発出来たという事が分かるのではないでしょうか?
勉強会では上記の様な機能を開発した時にハマった知見や苦労した点等をお話したいなと思っています。

ARKitに興味はあるけどまだ触った事が無いという人がいましたら是非お越しください!

イベントページはこちら: Mobile AR Meetup #1 @Timers

積極採用中!!

子育て家族アプリFamm、カップル専用アプリPairyを運営するTimers inc. では、現在エンジニアを積極採用中! 急成長中のサービスの技術の話を少しでも聞いてみたい方、スタートアップで働きたい方など、是非お気軽にご連絡ください! 採用HP : http://timers-inc.com/engineerings

Timersでは各職種を積極採用中!

急成長スタートアップで、最高のものづくりをしよう。

募集の詳細をみる